--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-31

1月26日 西巣鴨「高木」でやきとんと一緒に燻される

久々に会う友人T。「しみったれた店」というリクエストに答えてくれるがごとく
紹介してくれたのが、西巣鴨にある「高木」というお店。
このときは知らなかったけど、かの吉田類さんの「酒場放浪記」でも取り上げられた店らしい。
(上司のSさんに報告せねば!!)


TS3M0054_20100127184455.jpg

なんとも渋い店構え。どっしりとした暖簾を意気揚々とくぐる。

大きなカウンターとテーブル席がいくつか。
どうやらかなり昔からある店のようで、やきとんと煮込みが名物。
煙と油とで、全体的にいぶされたような感じの店内にグッとくる。

TS3M0056_20100127184455.jpg
とりあえずビールで乾杯。早速煮込みを注文。
TS3M0055_20100127184455.jpg
豚がとろとろに柔らかく煮込まれており、カウンターに置かれたタマネギみじん切りを好きなだけ入れていただく。

その他やきとんもきっちり頂戴。

ミートボール(つくねをなぜかミートボールというようだ)。
ほかのものは塩でいただいたけど、タレにすればよかった!!ちょっと後悔。

TS3M0058.jpg

あとで知ったけど、この店の名物は「牛乳割」らしいが注文しそびれた。
なぜか飲んだのはレモン割。ま、これはこれで外さない味。
TS3M0057.jpg

その後、北区の銘酒「滝野川」を注文し、このエリアの気分に浸る。
TS3M0059_20100127184521.jpg

西巣鴨は、高校時代いつも乗り換えで利用していた駅。
その時代の仲間と酒を酌み交わすというのも、なんだか不思議な気分なのだった。





スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。