--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-14

1月8日 池袋ディープ中華・「中南海」の真髄をのぞく

このブログでも以前紹介した、池袋北口、ディープな中華エリアにある店「中南海」。
私の住むところから池袋って意外と出やすいことに最近気づき、再訪してきました。

TS3M0021.jpg
店構えからして本気っぽい。
横浜中華街のような華僑っぽい感じというより、ほんとに出稼ぎで来てらっしゃる中国人の方々がリアル使いしている店、ですな。

ビールはアサヒスーパードライ。中華とアサヒは確かに合う。
TS3M0023.jpg

ニンニクの芽と豚肉の炒め。うまい。これで500円は安い。
TS3M0024.jpg

細切りじゃがいもの炒め物。シャクシャクでホクホク。
TS3M0025.jpg

タケノコの和え物。さっぱりとした中に、青唐辛子のピリっとした辛味が映える。
TS3M0026.jpg

店内は我々以外全員中国人(一組だけ、中国人女性が、自分の上司の日本人男性を連れてきている…そして野望を語っている…というグループがあったけど)。店員も中国人。店内に流れるは中国版最新ポップスのカラオケ(MTVみたいな??)と、完全にここは東シナ海渡った感じ。

この店に来るたび気づいていたのは、中国人のお客さんがかならず頼んでいる、山盛りの骨付き肉。ビニール手袋をして美味しそうにかぶりついているのだ。

見ていると、店員さんが「これ、美味しいよ。中国東北部の名物ね」と言ってリコメンドしてくれた。ただ、あまりに大量なので戸惑っていると「半分の量もできるよ」とのおとで注文してみた。

(たぶん)豚背骨肉の醤油煮。メニューには載っていません。これで500円!!
TS3M0027.jpg

慣れない日本人な我々は食べ方もおぼつかなかったのだけど、店員さんに説明してもらって、骨もパキパキと割り、骨の周りについた美味しいお肉やナンコツをこそげるようにして完食。これはうまい!! カムジャタンのお肉を中華風にして食べているような。

モリモリ食べてガツガツ食べて、中国音楽PVを観て。なんだか、中国の勢いをドドンと感じられた呑みなのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。