--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-25

9月24日 大人のサンクチュアリ・立石で呑む

連休明けのこの日、一件のアポイントを得て向かったは葛飾・立石。
しかもアポの時間は夕刻。終わった後は当然直帰とさせていただいた。

この立石、最近の「大衆酒場ブーム」の中でも特に取り上げられる場所。
まるっきり映画のセットのような昭和っぽい町並みに
ポツリポツリとシブい酒場が並ぶ。くーっ、たまんない。
TS3M04490001.jpg
当然、一杯ひっかけてから帰るということで、異議なし!!

以前立石に住んでいた後輩が推奨していたという「鳥房」という店へ入ることに。
TS3M04500001.jpg
※上司が背中の出演

ここ、正面は鶏肉の販売店なのだけど
裏手に回ると、カウンターとちょっとした座敷があって、そこで鳥料理が食べられるようになっているのだ。

TS3M04510001.jpg
まずはビールで乾杯。
お通しで出てきた、鳥皮の生姜煮からしてもう美味。
鳥わさをつまみつつ、この店の目玉、鳥のから揚げ(時価)を待つ。
※ちなみに、時価と言ってもここは立石価格。この日は550円(小)と580円(大)でした。

お待ちかねのから揚げ、登場!!
TS3M04520001.jpg

バーン。超フォトジェニックなフォルム。
から揚げと言いつつも、鳥の半身揚げなんですね。

わたわたしていると、店のおかみさんが、紙で鳥をつかんで
ポキポキポキっと、食べやすく分解してくれました。

んで頂きます。
…これがもう!!!!ほんとに美味しい!!!!

まず口にしたのは手羽のあたり。
パキパキ、ぽりぽりとした食感。皮も香ばしい。
次は胸肉。あっさりとした中にも肉の旨みが。
そして最後に残しておいたもも肉のジューシーなことといったら!!
上司と二人、それぞれ半身を、まさに無我夢中で食べきってしまいました。

ビールの後は冷酒もいただき、写真は撮り忘れちゃったけど
鶏のタタキにピリ辛のネギポン酢をかけた「ぽんずさし」も堪能。
これで一人お会計は2000円強。ほんとに素晴らしい。

ほかの店も気になるし、よし、立石はまた開拓しようっと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。