--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-08

9月6日 いわゆるホルモンヌか

この日は日曜日。
翌日の月曜日は朝から大阪で仕事。当日の朝新幹線に乗ってもいけるのだけど
せっかく休日とくっついているということもあり、個人的に関西に前乗りすることにした。

修学旅行以来の奈良をまず訪れる。

※大仏さまをベタにみたけど、これはこれで楽しい。

京都と違って奈良って、適度に田舎な感じだし
やっぱり奈良時代の文化って、唐(…でよかったっけな)の時代の影響を超色濃く受けてるせいか
日本というよりも、どこか唐風というか大陸風のものが多い気がする。

京都まで戻り、さて大阪に移動しようかと思って街をフラつしていると
前どなたかのブログで見て以来気になっていた「京都ホルモン 梅しん」を発見。

おひとりさま。
しかもホルモン。

しかしなかなか来る機会がない場所であるということと
夕方前くらいのアイドルタイムで人が少なかったこと
大好物のホルモンということもあり、
ええいままよ、と飛び込んでみました。

TS3M04110001.jpg
「特製 白壺」というのをいただきました。
これは、お店自慢のホルモンを特製のこってりタレに漬け込んだもの。
これがまたゴハンに合います!!ホルモンは新鮮で甘みがある。すっごいおいしい。

というわけで夕刻からビールをガブガブ、一人でひたすらホルモン焼き。
これが最近言う「ホルモンヌ」というやつなのか。
別に言い方なんてどうでもいい!!とにかくホルモンは好き。
それにブームになる前から私ホルモン好きだったし…といい訳。

いやでも、うまいホルモンにお酒は本当に至福じゃわー。
心おきなく焼けるし、ひとりホルモン、悪くないかも。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。