--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-28

12月26日 ブルーノート東京初体験

ありがたいことに、かなりのプラチナチケットだと思われる
「上原ひろみ@ブルーノート東京」にお誘いいただいた。
超ラッキー、としかいいようがない。
何年か前に「日本ゴールドディスク大賞」の授賞式をNHKホールで観る機会があったのだけど、そのときに受賞者の一人として登場していた彼女の演奏のスゴさがずっと気になっていたのだ。

というわけで、お誘いいただいたPさん含めて、4名でまずは軽くゴハン。
これまた、前から行ってみたかった「(畑)ハレノヒ」に行けることに。

新鮮な素材を蒸してモリモリいただけます。

蒸し前。
TS3M06050001.jpg

蒸しの図。
TS3M06060001.jpg

蒸し後。
TS3M06070001.jpg
これがまた!野菜や肉の旨みや甘みがたーっぷり出ていて最高でした。
(ビールもぐびぐびのんだよ)

そして本編。

TS3M06090001.jpg
ブルーノート東京には初めて行ったけど、おしゃれな人も多くてやカッコイイ空間に満たされていて、落ち着きながらも気分がどこか高揚する。素敵。

で、着席後にはお酒やフードも頂きながら観ることができる。

私が頼んだのは「ミモザムーン」というカクテル。
奥ゆきはあるのだけど飲みにくさはない、しっかりした感じ。
TS3M06110001.jpg


演奏は本当に口あんぐりするくらいすごくて感激。
余韻に浸りながら青山の裏から原宿駅まで思わず歩いちゃうくらい幸せな夜。
スポンサーサイト
2009-12-28

12月24日 ごくごく普通の一日のように

今年は平日で日があまり良くなかったせいか、24日も普通に過ごされた人が多いのじゃないかな。
不況とかデフレとか、しょんぼりな話題もあるけれど、家でちょっとだけ頑張ったごはんを用意して、スパークリングワインを開ければ、それで十分幸せなのかもしれない。

というわけで、ミニマルなクリスマス。
R0010442.jpg
ローストチキン(しっかり味で美味だった)と
わたくしたっての希望のアイスクリームケーキ(夢がかなったよ!)。
キノコスープなんかも添えつつ、開けたスパークリングワインは
全然高級なものではないけど、なんだかしみじみとおいしい。
2009-12-22

12月19日~20日 私の熱海愛は異常


都内の人が好む温泉地と言えば色々あるだろうけど
まずは箱根、あとは草津とか伊豆とか、ちょっと離れて伊香保とか鬼怒川とか?
そんな中私は熱海を愛し続けております。
ちょっとうらぶれた感じだけど、やっぱりあの大きな海がドーンと見える感じがたまらなく好きでして。

というわけで、ふらりふらりと電車に飛び乗り、熱海へお出かけしてまいりました。

行きの電車。
TS3M05960001.jpg

大丸でお弁当を買い込み、ビールも一緒に。
よなよなエールのメーカーが作っている「インドの青鬼」なるビールです。
普通のものより苦味がしっかりでている感じ。そして青鬼らしく青い味。
うーむ、ユニークです。

温泉も
ゴハンも満喫し、翌日。

帰ってきて、旅を反芻しつつ飲むのは日本酒「あたみ」。
atami.jpg


こりゃまたベタな名前だけど、買った酒屋のおかみさんは
「これ人気なのよー。おいしいんだから」と語っていただけあり
ちゃんと、ちゃんと美味しいです。すっきりとしてるけど潤みがある味。
2009-12-22

12月18日 詳細は秘す

というほど大げさな話じゃないけれど。

今日は、忘年会なのか打ち上げなのか、お仕事がらみの飲み会でした。
都内でうまいもつ鍋屋といえば…なあるお店に伺って、たらふくいただきました。
TS3M05910001.jpg
TS3M05920001.jpg

ビールも焼酎も、ぐいぐい進みます。
2009-12-16

12月15日 中華なのか居酒屋なのか人ん家なのか!?神保町の「大興」

なんとなくいまだにホームグラウンドな感じがするのが、神保町あたり。
社会人デビューを果たした会社がエリアにあり、日々くだを巻いたり
泣いたり笑ったりな思い出がいっぱい。
んで、美味しいお店も山盛りな街。

友人Aが紹介してくれた店、「大興」は、そんな神保町の裏路地のさらに裏、みたいなところにあり、知らないと絶対辿りづけない感じの場所。
(私ももちろん知らなかった!)

お店は中華料理?かと思えば普通の居酒屋メニューもある
そして昭和の路地感満点の店内は、お店というよりも、どこかのうちの台所と居間がそのまま拡張したかのような気楽な感じ。
先日立石で行った、鳥料理の店に雰囲気が似てる。

この日は私が連れてきたゲスト1名も含め
3人でガツガツと飲み食べして満足したのでした。



やっぱりビールで乾杯。
(友人に「なんで乾杯する前に撮らないの!!」といわれたけど、いやその、ビールを目の前にしたら飲まずにいられないのです…泡がしぼむのも惜しいし…)

TS3M05860001.jpg
山芋のスティックフライ。サクサクとホクホクが共存。
ポテトフライよりも軽い感じで、いくらでも食べられる。

TS3M05870001.jpg
飲み物を途中で「獺祭」に切り替える。にごり酒でスパークリングしているバージョン。
これはうまい!!日本酒とマッコリとシャンパンのいいとこ取りな感じ。というか、中華なのに獺祭置いてあるこの店はイイ!

この後もハイペースで飲み食べ続け。

印象的だったのは「アジアン焼きそば」
TS3M05880001.jpg
たくさんの香菜が入っているのだけど、変なにおいはなく、独特の香りがいいアクセントになっていて、さっぱりしていていくらでも食べられる。

「エビわんたん麺」
TS3M05890001.jpg
海老がたっぷりでぷるぷるとしたワンタン、澄み切って味わい深いスープ、これまたたっぷりの香菜がなんともマッチング。

この他にも餃子やら炒め物やらサラダやらお酒も大量にいただいたのに
お家計が一人4000円程度。
普通の飲み食べだったら多分2000円台じゃないかな??
これまたコスパが良くて、味もよく、人気になるのもうなずけるなぁ。

また来たい。
2009-12-13

12月13日 手巻き寿司はたのしい

手軽で楽しいごちそうといえば、「手巻き寿司」だと思う。

手巻き寿司といえば思い出すのが、映画「幸福な食卓」。北乃きいちゃん演じる主人公が家に帰ると
他の家族がなんか手巻き寿司食べてる…ってそれだけのシーンなんだけど
なんだか、そのシーンの手巻き寿司がすごく自由な雰囲気で美味しそうに見えるのだ。

そんなわけで、この日も手軽な手巻き寿司を楽しんだ。
好きなネタをフリースタイルで巻いて乗っけて食べられるのは、本当に贅沢な気分。
TS3M05820001.jpg
※一番搾りは寿司飯にも合う。あ、でも本当はキリンラガーの方が合うかな。

食後は、ストックしてある泡盛三兄弟(どなん・咲元・玉の露)を飲み比べ。
TS3M05840001.jpg

水割りにすると、泡盛くささ満点の咲元のあまみとコクが、なんともいい感じ。
楽しき週末なり。
2009-12-13

12月12日 ガールズトークって言葉はどうも苦手

自分にとって大切な仲間って、気づけばもうとても長い月日友人関係だったりする。
東京の北のはしっこで地味な高校生していたときの友人たちとも、気づけば15年以上のおつきあい。
それぞれの過ごし方はまるっきり変わっているのかもしれないけど、みんな全然、根っこは変わってない。

そんな仲間で集まるのは、それぞれの自宅から出やすい上野がほとんど。
この日も連れ立って、久々集まって(いや?久々ってほど久々でもないけどね)ゴハン。

訪れたのは「せせらぎを聴きながら」という個室系ダイニング。

g493531ps4.jpg
g493531ps3.jpg
※お写真は店舗サイトから拝借

店名のとおり、滝というか水の流れが演出された店内は、なかなかの盛況。
我々4名も、女同士ながら無駄にしっぽりとしたシートに案内される。

他の面子は、そんなに酒を飲む!という感じではないけど、ひとしきりいろいろ飲んでしゃべる。
TS3M05780001.jpg
生ビールがジョッキじゃなくてグラスでやってくると、ちょっとどきどき。
あーでも私は中ジョッキでゴクゴク飲むほうが性に合っている。

TS3M05800001.jpg
写真くらすぎた!!気づいたら揚げ物ばかりオーダーしている30代たち。
ポテトフライに塩昆布乗っけたのがおいしかった。アイディアです。今度家でまねしよう。

気の置けない女性の友達同士で集まって、話に花が咲く。
恋のことなり、悩みのことなり、あるいはマジメな話や将来の話、いろいろ。
そういうのって最近「ガールズトーク」というペラッとした言葉でくくられているけど
(ま、自分はもうガールズの範疇超えているのは承知だけど)
なんか、どうもこの言葉を好きになれないのです。

大切な友達と過ごす時間に交わす言葉は、もっと肩の力が抜けてて楽しくて豊かで、もっと宝物のようなものなのです。


2009-12-12

12月11日 おつかれさまの乾杯はお好み焼きと一緒に

年末ということで、色々わたわたとしており
今日は、かれこれ1年以上会社をサポートしてださった、スーパーデザイナーさんたちのお疲れ様会。
島田紳助の友達だかがオーナーしている?らしい「OKONOMIYAKI のろ」にて、皆で鉄板を囲んでの飲みでございます。

まずはやっぱりビール!!なにはなくとも。
TS3M05700001.jpg
※のみかけでごめんなさい


ザク切りキャベツにごま油と塩、そして塩昆布をかけた逸品。
これは手軽だけどかなり美味しい!あっという間に皆がつまむつまむ。
TS3M05690001.jpg

これも、今度家でやってみよう。

TS3M05710001.jpg
とんぺい焼き。たまらん!!

TS3M05720001.jpg
そしてシンプルイズベスト賞。アボカド焼き。だし醤油とワサビでいただくのが、とろりほっこりで激旨。

TS3M05760001.jpg
名物ののろ焼き。たっぷりのかいわれがアクセント。

TS3M05770001.jpg
明太チーズのも、とろりでうまい!!

TS3M05750001.jpg
この後はカンパリオレンジなんて飲んだあとに日本酒突入、際限なく飲んで、ぐいぐいと楽しい夜は更けていったのでした。
2009-12-11

12月10日 キノコカレーとキリン新ジャンル3兄弟。

きのこはうまい!!誰がなんといってもうまい!!
ということで、人の意見はガン無視でひたすらキノコな毎日。

以前上野で買い込んできたスパイスをうまく使おうかなぁ、と
クミン、コリアンダー、ターメリック、ガラムマサラ、チリパウダーあたりを使用して
キノコをサササッと炒めてカレーに仕立ててみた。

スパイスちゃんと使ったインド系のカレーに合うのは、やっぱりビール。
とはいえ、いわゆるちゃんとしたビールよりも、ガブガブと飲めるような軽いもの
発泡酒や新ジャンル(not第三のビール、か?)がぴったりな気がする。

というわけで、キリンの新ジャンル3種類をずらり並べてご一緒に。
TS3M05660002.jpg

「コクの時間」→新ジャンルながらコクの表現はなかなか、満足感あり。
「ホップの真実」→これ、なかなか好み。香りが良くて華やかで女性好み。
「のどごし<生>」→オーソドックスで外さない味。ビールで言ったらラガーか。
それぞれいいなぁ、と三兄弟を眺めていたら…
あっっ!!キリンの新ジャンルなのに、「ストロングセブン」忘れてた!!
今度、ちゃんと「ストロングセブン」も飲もうっと。
2009-12-10

12月9日 夜キノコ失敗でしょんぼり


きのこさいこー。うまいねキノコ。
というわけで夜な夜なキノコ料理で晩酌な私ですが
この日はまたしてもキノコグラタン。

のつもりが!!

オーブンから出すときにひっくり返し、美味しそうな焼き色がついたグラタンがそのまま床に…(涙)。

作っていた時間も結構遅めだったため、おなか空いたのと悲しいのとでしばし呆然。

が、気を取り直して掃除をし
でもまた料理を作る気力まではなく、足は近くの「ロイヤルホスト」へ。
久々にロイホで晩御飯な気がする!!こないだランチにたまたま入ってコストパフォーマンス意外と良いなぁと思ったけど、晩御飯にするには若干のためらいがあるファミレス価格かもしれないなぁ。
TS3M05670002.jpg
何はともあれビールはいただく。一番搾りはポイント高し。

キノコ料理ないかな…と探しまわって見つけたのが
「きのこのハッシュドビーフライス」でした。
EasyCapture1.jpg

※画像はオフィシャルサイトより拝借

まぁ、美味しかったけど、ビールと合わせて、深夜料金が入ったら約2000円。チーン。

比べちゃいけないけど、どうしても分は某ゼリヤにあると思っちゃいました…。

ロイヤルホスト、昔あったタコスが好きだったから、ぜひ復活して欲しい。
2009-12-08

12月第1週まとめ 日々夜キノコ

痩せるのか、本当にヤセるのか!?とつぶやきながら
日々夜キノコダイエットに挑んでおります。

キノコブログなのか酒ブログなのかわからなくなりはじめながら
ダイジェストで酒&キノコの記録を記します。


12月3日。
この日は包み焼きハンバーグ(つばめグリル風ですな)。

一緒にいただくワインは「LOS VASCOS」。
あの「シャトー・ラフィット・ロートシルト」がチリで醸造しているという銘柄。
手を伸ばしやすいけど美味しい。
TS3M05560001.jpg
写真に写ってないけど、いろんなキノコがたっぷりはいったクリームスープと一緒に。


12月6日。
冬はやっぱり鍋だよねーということで、今年2回目のモツ鍋(キノコ超たっぷり)
TS3M05580001.jpg
鍋にはキリンビールが合います。一番搾りは素晴らしい!!


12月7日。
いろいろキノコのガーリック炒めと、しいたけのマヨネーズ焼き。メニューだけ取り出すと完全にメタボ仕様。だけどあまり気にしていない。
TS3M05630001.jpg
一緒にいただくのは、甲類焼酎をシークワーサー果汁で割ったお手軽サワー。
さっぱりと飲めて、これはこれで良い。
2009-12-01

11月30日 コーラのジャンクさをキノコで相殺

ファストフードばっかり食べちゃったこの日。
朝はベローチェでサンドウィッチをいただき
昼は新宿御苑の中で、テイクアウトしたマックを頬張り
夕方は映画を観ながらポテトとナゲットをつまみ。
いくら腹が減っていても、これじゃいかーん!!

と思いながら、晩酌に選んだのも「コーラショック ゼロ」。
ジャンクにジャンクを畳み掛けております(いいのか)。
TS3M05520001.jpg


コーラらしい炭酸を味わいながら、グビグビと飲み干すのが丁度いい。
いい意味での重厚感もあって、飲み応えのある一本ですね。

罪滅ぼしのように、大量のキノコを、ほうれん草・ベーコンと一緒に和風炒めにしたのもわしわし食べて。
って、カロリー的にはまったく罪は滅ぼされてないわけですが…。
2009-12-01

11月28日 懲りずに夜キノコ・赤霧島

キノコが美味しいので、毎日懲りずにキノコ料理で晩酌を続けている。
継続が力になるかは数ヵ月後の当ブログで明らかに…なるのか!?

さてこの日は、大量の舞茸・しめじ・椎茸を贅沢に天ぷらにした。
年2回の限定出産、黒霧島の別バージョン「赤霧島」を、偶然近所の酒屋で入手できたので、それと一緒に。



この皿にはチマッとしか乗っていないけど、実はこの3倍くらいの量を食べた(食べすぎ)。
舞茸の天ぷらって、居酒屋とかで頼むとちょっとでも結構いい値段取るけど、自宅だと山盛り食べられて幸せ!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。